忍者ブログ
ネトゲ日記・イラスト・漫画など趣味全開ブログ
[39]→ [38]→ [37]→ [36]→ [35]→ [34]→ [33]→ [32]→ [31]→ [30]→
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もう、4年も前の話です。

中学生のころ
一人の先生が亡くなったんだよね。

はじめ、全校集会で聞かされたときは
悲しさより、なにより驚いた。

体調を崩して、しばらく休暇。

聞いていたのはそれだけだったし。


しかも、その先生はさ
とっても厳しくて恐くて
すぐ怒るし、いっつも眉間にシワよせてんの。

正直あんまり好きじゃなかったんだ。

休暇するって言ったときも
ラッキーなんて思ってたんだと思う。


だからかな、聞いた時は
ホント涙なんて出なかった。

他クラスのすすり泣く声を聞いて、ぼーっとしてたと思う。

でも、学年全体でお葬式に言ったんだけど
その時先生の奥さんが教えてくれた。

先生は何年も前から筋肉が収縮してく病気だったって。
詳しくは分からないけど
休暇を出してた時にはもう体動かなくて寝たきりだったらしい。

でも、そんなベット生活の中で話すのは
いつも、貴方たち生徒の事でした。
あの人は貴方たち生徒を何より心配していた。
貴方たち生徒を心から愛していました。

そう言われたとき、自然と涙が流れてきた。

自分は嫌われても構わないから
どうか、あの子たちが大きくなった時恥ずかしくないように
社会の中でしっかり生きていけるように

そうなってもらうためなら嫌われるぐらい構わない。

そう、言っていたらしい。


もうさ、学年中大泣き。
人目なんてお構いなしだったよ。

悲しさと、自分の浅はかさ。
恥ずかしさと、悔しさ。

いろんな感情がまじった涙が
ボロボロ出てきた。


ふと思い出した。
忘れたわけじゃない。

自分はあの時学んだのは確かだと思う。

誰かの死を悲しみだけにしたり
思い出すのを避けたり
ずっと思い続けたり

そんなんじゃなくてもいいと思う。

ただ、その時の感情を
死ぬまで覚えておきたいと

そう思った
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
( ノ_;)
先生の語らぬ思い…
読んでて目から鼻水をこらえてみる (ノ_・`)・。
つぅ URL 2008/02/08(Fri)01:36:07 編集
無題
自分も鼻水こらえまくりさぁ;▽;
MANA URL 2008/02/15(Fri)22:35:13 編集
無題
知らないところで
誰かが何かを
一生懸命思ってくれてたことって
そのときは気付かないんだよなぁ><
ふれみ 2008/02/22(Fri)11:05:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

[design:Nijiko]